仙人になりたいブログ
プロフィール

ケンケン仙人

Author:ケンケン仙人
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豪ドルの買い場はまだかいな?
こんにちは、仙人修行中@ケンケンです。

さて最近は、またまたギリシャで相場が荒れています。

もうこれで何回目だよ・・・。

いい加減みんなも飽き飽きしていると思うのですが、
なんか毎年恒例行事みたいになって来ましたね。

去年も5月のGWあたりから、ぐだぐだし始め、
お盆を過ぎて9月くらいから上昇相場に転じました。

もし今年も同じ感じで行くのなら、
ぜひとも買っておきたい通貨があります。

それは豪ドルです。

去年も73円を下回った時に買おうかと思ったのですが、
躊躇してしまい、とうとう買えず終いでした。

やっぱりリーマンショックの時の50円台と言う記憶があると、
70円台でも怖くて買えません。

結局は反転してその後90円近くまで行ったのですから、
あの時買っておけばと後悔しきりです。

今年はなんとかその恐怖を克服して、75円より下がれば、
積極的に拾って行こうかと思っています。

結局、市場が不安定になると投資マネーはわぁっと逃げて行きますが、
ある程度落ち着いたら、またどこかに投資にしなくてはならないんですよ。

彼らはそれで、メシを喰っている訳ですから。

その時に一番最初に選ばれるのは、やっぱり豪ドルだと思うんですよね。
トリプルA格付けは伊達じゃありません。

・・・とは言え、以前の記事でもお伝えした様に、

現在はまったくお金がない!

状態にあります・・・。

これじゃぁ、もし仮に今暴落が来ても全然手が出ないので、
もう少しキャッシュを増やさないとダメですね。

がんばって貯金します・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





シストレバトルロイヤル

2ヶ月のガマン
こんにちは、仙人修行中ケンケンです。

前回記事にした、トルコリラの別会社両建て、
結局TRY/JPYにて開始する事にしました。

スプレッドは確かに大きいのですが、
1セットあたり80円の差額スワップは魅力的過ぎます。

USD/TRYの方は、残念ながらヒロセのマイナススワップが
-200円以上となってしまい、あまり旨みがなくなってしまいました。

月曜日の夜11時くらいにポジったのですが、
かかったスプレッドコストは約45pp、4500円でした。

50ppまでは行かなかったものの、回収するのには
やっぱり2ヶ月近くかかります。

長いなぁ・・・。

後はそれまでに、スワップが極端に増減しない事を
祈るばかりです。

最後に注意点を1つ。

今週水曜日、FXCMのスワップは4日分でしたが、
ヒロセでは3日分だけついていました。

1週間で見れば同じですが、
もし木曜日などにポジってしまうと
スワップ1日分損なので注意が必要です。

逆に、ポジションをクローズする時は
こう言う時を狙えば、少しお得になりますね。

スプレッドがもっと狭い業者なら
これを利用して稼げなくもなさそうですが、
現状ではスワップよりスプの方が大きいので、
ちょっと無理かなぁ・・・。

後余談ですが、ヒロセは証拠金維持率200%以下で
アラートメールが来ます。

自分は現在維持率170%くらいあるのに、
毎日アラートメールが来て、びっくりします。

心臓に悪いので、せめて150%くらいにして欲しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ちょっと嬉しい(‘∀‘)/
こんばんは、仙人になりたい男ケンケンです。

前回約30万の損切りを記事にしましたが、
あれからランドのポジも損切りしました。
こちらが約10万円の損失。

さらにアイネットとDMMで行っていた、
両建てスワップ取りのポジションもクローズしました。

こちらは両建てなので損失はないのですが、
豪ドルの下げがひどかったので、
一旦手仕舞いする事にしました。

そんな訳でほぼすべてのポジをクローズしたのですが、
唯一残してあるのが、マネパとクリックで行っている、
EUR/USDの両建てスワップ取りです。

最近マネパのユーロ/ドルのスワップが上がりました。

0.5$ → 0.6$にちょっとUP!

とりあえず1$=76円とすると1日45.6円。
クリック証券もマイナススワップが1日-21円になったので
差し引き24.6円。
これが6万通貨で1日約150円です。
まぁまぁ良いんじゃないでしょうか。

しかしリーマンクラスの大恐慌になるかと思いきや、
意外とマーケットは冷静ですかね?

個人的には今、物凄くポジりたいのですが、
お盆明けまでぐっとガマンする事にしています。

思わず豪ドルをSして5千円負けたのは内緒です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

何故マイナススワップ?人民元とインドルピー
こんにちは、仙人になりたい男、ケンケンです。

さて8/1より始まった、くりっく365での
人民元&インドルピーですが、
気になる2日目のスワップは

人民元 -428円(買い10万通貨)
ルピー -74円(同上)

となっています。
(売った場合のスワップはその逆の値です。)

う~ん、昨日とは結構変動していますね。

どうして1日でこんな違いが出るのかは前回生じた、

日本よりもはるかに金利の高い通貨を買っているのに
どうしてスワップはマイナスなの?


と言う疑問にも密接に関係しています。

ちょっと調べてみました。
結論として、人民元、ルピーは

NDFだから、

と言う理由になりました。

あ、そっか~、なる程ね~。
うんうん、NDFならそうなるね~。

と一発で理解出来る人が何人いるでしょう?
自分も30年以上生きて来て、始めて聞く言葉です。

簡単に言うと、NDFとは通貨の先物取引の事を言います。
人民元やルピー、その他のマイナー通貨は、
FXの様な市場での自由な取引が出来ません。

その代わりに使われるのがこのNDFです。

つまりくりっく365で表示されているレートは
実際のレートではなく、この先物取引のレートと言う事になります。

先物ですので、実際のレートとは開きがあります。
例えば人民元の様に、将来切り上げが見込まれる場合、
実際のレートよりも高くなります。

そして先物ですので、期限が来たら必ず決済しなくてはなりません。
通常の先物は3ヶ月とか1年の期限なのですが、
くりっく365では便宜上、これを毎日行っている形になります。
(あくまで便宜上です。)

つまり人民元をロングした場合、
1日ごとに高い値段(プレミアム)のついた先物を買い、
実際の安いレートで決済している訳なので、当然損失が出ます。
その損失分がスワップとしての支払いになっている訳です。

ん?と言う事はこの場合、政策金利とスワップの間には
直接的な関係はないと言う事になりますね。

結局、先物と現物の値段の差によって、
その時のスワップが決定される仕組みなら
1日でスワップがこんなにも変動したのもうなずけます。

もしかして将来的に先物が下落したりすると、
スワップが逆転する事もあるかも知れません。

まぁその辺を考慮に入れても、
大変魅力的な投資先ではありますので、
行けそうだったらチャレンジしてみたいと思っています。

注:今回の記事はあくまで自分なりに出した推測で、
実際は間違っている可能性があります。
もしこう言った事例に詳しい方いらっしゃいましたら、
ぜひコメントお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

くりっく365にルピー&人民元キター!!
こんばんは、仙人になりたい男ケンケンです。

ついに8/1よりくりっく365にて、
インドルピー、中国人民元の取り扱いが開始されました。
韓国ウォン?ウォンはどうでも良いです。

そして気になるスワップポイントはこちら!

ルピー  買い -83円  売り +83円
人民元  買い -519円 売り +519円
※各10万通貨
一応ウォンは買いで-240円です。(1000万通貨)

こうして見ると元のスワップがすごい様に感じますが、
それはもちろんレートが違うためです。
元はルピーのだいたい6~7倍くらいのレートですので、
計算すると、それ程の違いはありません。

う~ん、しかし意外ですね。
インドも中国も日本よりだいぶ金利が高いのに、
買うとマイナススワップとは。
いったいどう言う訳なのか気になります。

まぁそれはおいおい調べて行くとして、
後はこのスワップがずっと安定するかが問題ですよね。

ペッグ通貨であるルピーは、ロングでもショートでも
ドルによる反対売買でヘッジが出来ます。
(枚数は調節の必要アリ)

もしこのスワップが安定的に続くようなら、
ルピー/円売り、ドル/円買いで、
どちらもプラススワップなんですが・・・。

そんな夢の様な話があるのか????

自分はちょっと懐疑的なんですが、
ともあれ、しばらく「注視」して行きたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。