仙人になりたいブログ
プロフィール

ケンケン仙人

Author:ケンケン仙人
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(書評)東京時間半値トレードvs最強スパンモデル
こんにちは、久々の更新ケンケンです。

最近はFXの本を2冊買いまして、
ヒマな時はそれを検証などしてました。

1つはアンディと言う人の「東京時間半値トレード」
もう1つはマーフィー氏の「マーフィーの最強スパンモデル」
の2つです。

実はこの2つ、内容が非常に良く似ています。

基本は一目均衡表を使い、
通常は少し先にずらしてある「雲」を
現在のレートに合わせて使っている所など
そっくりです。

ただアンディ氏は、一目均衡表をマルチタイムで表示したり、
東京時間の高値安値の半分の値にラインを引き、
そのラインがサポートやレジスタンスになると言う手法です。

マーフィー氏の場合は、ボリンジャーバンド+遅行スパンを
同時に見るという方法を行っています。

2人とも、一目均衡表の遅行スパンには結構注目している様ですね。

関係ないですが、二人とも日本人なのにカタカナネームを使用しているのも
類似点かな。

2人が使っているMT4のチャートのテンプレートは
ダウンロード出来るので、表示させてぼちぼち眺めておりました。

そんなにびっしりと検証した訳ではないですが、
ざっくりとした印象を述べると、

当たるも八卦、当たらぬも八卦

と言った感じです。

まぁこれれはすべての手法に言えるのですが、
本に書いてある通りの挙動を見せる事もあれば、
そうでない時もあります。

また、今まで精度の高かった方法が
これからも有効であるとは限りません。

結局未来の事は誰にも分からないので、
テレビで朝やっている占いと、たいして変わらないと言う訳です。

ただまったくムダ本かと言うとそうでもないです。
特に今までまったく気にしていなかった「遅行スパン」。
これがなんとなく使える様な気がしてしょうがないので、
今後の課題にしたいと思います。

なお、この2つのうちどっちか買うのでしたら、
初心者の方はマーフィー氏の方を自分はオススメします。

アンディ氏の方は、チャート上に物凄くたくさん線が引かれるので
とにかく見ずらいっ!

一目均衡表がマルチタイムで3種類くらいと、
半値ラインが10本に移動平均線が3本くらいあって、
もうメチャクチャです。

それだけ線引けば、どれかがサポレジになるのは当たり前です。

でもまぁ、2冊とも思っていたよりも結構まともな本でした。

値段が結構高いので、積極的にオススメはしませんが、
1200円くらいだったら買っても良いかな?
って感じです。

ご参考までに。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
(書評)闇株新聞 the book
こんばんは、仙人になりたい男ケンケンです。

今回は最近読んだ本、
「闇株新聞 the book」のレビューです。

闇株新聞と言えば、株に関するニュースや事件の裏側を
分かりやすく解説してくれる人気ブログです。

名前はちょっとおどろおどろしいですが、
明日上がる株はコレだ!とか、今日は××円儲かったなどと言った
インチキブログとは一線を画する硬派なブログです。

今回発売になったコチラの本は、
そのブログの過去の記事をまとめたもの+書き下ろしとなっています。

過去記事はサイトの方でも読めるので、その書き下ろし部分がどうなのか?
と言う事なんですが、思っていたのとちょっと違ってましたね。

自分はいつもの株や経済の裏話的なものを期待していたのですが、
そうではなく、かなり真面目な「通貨」や「国債」に関する内容となっています。

いや、中身はかなり濃いですよ。

特に日本国債に関する項目では、筆者の
「もっと日本国債の事を良く知ってくれ!!」
と言った熱意を感じ取れました。

確かに勉強にはなったのですが、
しかしそれは闇株新聞でなくても良い気がします。

例えば「良く分かる日本国債」みたいな本を、
池上彰さんあたりにやってもらえば良いんですよ。
(もう出してるかも知れませんが)

ブログに書かなかった(書けなかった)話などを期待していると、
ちょっと肩透かしをくらうかも知れません。

ただ、過去記事をまとめた部分だけでも相当面白いので、
それだけで1600円分の価値はあると思いますね。

自分の様に、ちゃんとしたものはで読みたいと言う人には
オススメです。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
書評:¥enSPA!2013年冬号
こんばんは、仙人になりたい男ケンケンです。

さて31日も一応為替市場はやっているみたいですけど、
まぁ今さらポジる気もさらさらないので、ゆっくり読書でもしたいと思います。

相場関係の本で、最近自分が読んだのが¥enSPA!です。

この本はこう言っては何ですが内容が毎回カオスで、
役に立つのか立たないのか、まぁ立たな記事の方が多い気がします。

自分の中では裏モノJAPANやBUBUKAなんかと同じ扱いなんですが、
それでいて嫌いではなかったりします。

今回の特集は「門外不出の裏ネタ大公開」と言う事で、
オークションやら不動産投資やら載っていましたけど、
どれも実践するにはちょっと難しいものばかり。

ポーカーの必勝法まで載っていたのには笑ってしまいました。

FX関係では西原宏一さんの使っているディナポリの
テクニカルにちょっと興味が出てきました。
自分が今やっているGMMAチャートに使えるかも知れません。

でもこの西原さんって、ファンダの人だよね?

ファンダ中心の人が使ってるテクニカル分析って時点で
企画的にはメチャクチャだと思うのですが、
まぁ¥enSPAだからしょうがないか。

後はもぐらトレードやらエリオット波動やら、
特に引かれる記事はなし。
それにしてもFX先生杉田勝ってまだいたのか・・・。

後はTVタックルでもおなじみの須田慎一郎さんの
裏ネタの座談会。
毎回このためだけに買っていると言っても過言ではありません。

今回も安部総理と朝鮮系が実は深い関係があるとか、
銀行と暴力団の関係だとか、他では読めない記事が満載です。

出来ればこの部分だけでも月イチで発行してもらいたいんですけど、
ダメですかね扶桑社さん?

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


書評:サラリーマンの月収をらくらく20万円増やす方法(JACK)
こんにちは、仙人修行中!ケンケンです。

どこか他のブログで宣伝されていたので、JACKと言う人の

「サラリーマンの月収をらくらく20万円増やす方法」

と言う本を買ってみました。

ついでに前著である、

「元手50万円から始める! 月5万円をコツコツ稼ぐらくらく株式投資術」

と言うのも一緒に買って読んでみました。

おお、月5万円から、一気に月20万円にUPですか。
どんな事が書いてあるのかなぁーっと!!




UNKでした。

うわぁぁぁん!お金返して!!

誤解のない様に言っておきますが、
自分はこのJACKと言う人には何の偏見もありません。

雑誌FX攻略.comでも確か記事を書いていましたが、
それは結構面白かった記憶があります。

ちなみにUNKだったのは、新刊である「月20万~」の方で、

前著の「月5万~」の方は、まぁ読めなくはないかなと言った感じです。

以下UNKの理由です。

この本では大きなくくりで、3つの月収UPの方法が出ています。

①会社四季報などを使った株式投資の方法。
②FX
③不動産投資

正直③の不動産投資に関しては、自分はまったく素人なので
評価は出来ません。

しかし①と②はあまりにもお粗末です。

特に②のFXはひどいです。

なぜならその方法と言うのが、

「豪ドルをロングしてスワップをもらいましょう。」

・・・マジですよ?

その後下がったらどうするかと言うと、

「ナンピンしましょう。」

・・・マジですよ?(2回目)

きっとこの人、FXはあんまりやった事ないんでしょうね。

恐らく株と同じ感覚なんだと思います。
持ち続けていれば配当でいつか挽回出来るみたいな。

一応レバを抑えてうんぬんとはありますが、
リーマンショックの様な事態や、
そもそも豪ドルの利下げ(金利差の縮小)については
一切触れられていません。

この人の本はもう1冊の方もそうだったのですが、
リスクについてはあまり触れない傾向がある気がします。

こうすれば儲かる!!

と言うのは簡単で景気の良い話ですが、
それに対してどの程度のリスクがどのくらいの割合で発生するのか
をきちんと示さないとダメだと思います。

ブログの様な、ある意味書きっぱなしのものと違い、
書籍として発表するからには、
もう少しちゃんとした体裁を整えてもらいたいものです。

1500円もするんだからさぁ・・・。

と言う訳で残念ながらこちらの本は、

BooK Off!!

行き決定です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
¥enSPA!2011春号について
こんにちは、仙人がうんたらかんたらケンケンです。

特にネタもないので、先日発売された¥enSPAのレビューです。

まぁ相変わらずFX、株、CFDなど広く浅い記事が満載です。

ただ自分の経験上、株だけはこういった雑誌の記事を見て売買してはいけません。

「○○氏、推奨銘柄」とか言うやつです。

もちろん推奨するには何かしら理由があるのだと思いますが、
雑誌に乗った頃にはもう遅く、とっくに上がってしまった後の事が多いです。
○○氏にいたっては、すでに利確した後だったりします。

中にはその後もぐんぐん上昇する銘柄もあるかもしれませんが、
それはどちらかと言うと地合いの問題ではないかと思います。

さて、株の話はこれくらいにしてFXの記事ですが、
こちらはいつもと同じ顔ぶれ+新顔をさらっと紹介と言った感じです。

いつものメンバーは、

アンディ、「もぐらトレード」
ばか息子、「半月トレード、他」
FTK、「ナンピンサンバ」

前回まではこれに、ロブ・ブッカー「NYボックス」が入っていたのですが、
さすがにネタ切れなのか今回は記事なしです。

新顔としては、「くるくるワイド」や「適当トレンドライン」などが紹介されています。

しかしこの中で「もぐら」や「NYボックス」などは、
まぁ、使える時もあるかなと思いますが、
1つだけ絶対真似してはいけないものがあります。

そう、「ナンピンサンバ」です。

これは指標などで大きくレートが動いた時に、リバウンド狙いの逆張りをするという手法です。

手法と言いましたが、手法でもなんでもありません。

しかもリバウンドしなかったらさらにナンピンすると言うのですから、
なんと言うか「完全自殺マニュアル」みたいなものですね。

こんなのを凄腕トレーダーの体で紹介しているのですから、
SPA編集部は気が狂っているとしか思えません。

まぁ完全な丁半の博打と割り切ってやるならいいかも?知れませんが、
少なくとも手法ではないですね。

最後にコモディティのETFの紹介はなかなか良かったです。
その辺りはまったく無知でしたので、これから勉強したいと思います。

以上、レポートでした。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。